国の選択
  • {{country.Text}}
言語の選択

RIDGID標準またはシースネイクTruSenseアップグレードキット搭載のミニカメラリールをアップグレードしませんか。

11月 17, 2020

RIDGIDシースネイク標準やミニカメラリールといった管用検査カメラは、排水システム、パイプライン、ドレン、ダクトなどの見えにくい場所に到達して探査することができます。配管測定に最適なソリューションを提供する既存のシースネイク標準やSeeSnake TruSenseアップグレードキット搭載のミニカメラをアップグレードして他社との競合をリードしませんか。

TruSenseアップグレードキットを使用すると、カメラヘッドと接続済みRIDGIDシースネイクCSxシリーズのWi-Fi対応モニターとの間に双方向のデータリンクパスを確立する、本当に初のデータ対応配管測定カメラを体験できます。これにより、作業がよりスマートで迅速になり、問題箇所の推定に時間を費やすことが無くなります。器材が問題箇所に入り込んで検査するため、解決方法の明確なヒントを提供できます。 

現在、シースネイク標準とミニカメラリールでアップグレードを利用でき、TruSense技術の高度な機能により、あらゆるシースネイクCSx シリーズのモニターとの完全な互換性を達成を可能にします。

数多くの高度オンカメラセンサーが優れた画質と管内環境に関する重要なデータを提供するTruSense 技術を採用しているため、ドレンやパイプラインの状態をより詳細に把握し、より多くの情報を得ることができます。

シースネイクTruSenseアップグレードキットの活用により、カメラのダイナミックレンジを拡大し、より鮮明な管内画像が得られる高ダイナミックレンジ(HDR)静止画像センサが使用できるようになります。Tiltsense傾斜計がカメラの傾きを測定して接続済みのシースネイクCS6xシリーズモニターに結果を表示することで、管内に置かれたカメラの角度が分かりやすくなります。

さらに、アップグレードキットにより、セルフレベリングまたは固定カメラヘッドから選択できる柔軟なオプションが用意されており、管内の画像を垂直に保ちながら、より簡単な経路を探索し、急角度の転回支援にも役立ちます。

詳細に関しては、以下のサイトにアクセスしてください https://www.ridgid.com/