Explore Emerson
国の選択
  • {{country.Text}}
言語の選択

最適な配管ねじ切り機の選び方

10月 1, 2020

排水管路を固定している場合でも、井戸または施設の寿命に合わせて機器を交換する必要がある場合でも、配管のねじ切りはこれらの用途で使用される接続タイプとして最も推奨されています。

配管ねじ切り機は、配管の端にメスとオスの両方の留め具に合わせて正確にねじを切る機能を備えた重要工具の一つです。採掘、配管、さらには重工業用途などを含む異なる産業において様々な用途で使用することができます。

事業に配管ねじ切り機が必要な場合は、作業をスムーズに行える適切なものを選ぶ必要があります。直径6インチ以上の配管にねじを切ることができる極めて丈夫な工業用の機械から、より細い配管用の小型の手回し式のねじ切り機まで、様々な種類および範囲のものがあります。大部分のねじ切り機は、コスト効率が良く、過酷な条件下で最大の生産性を与えられるように設計されています。したがって、ねじ切り機を購入する前に、特にサイズ、ねじ切りの種類、品質、保証などの重要機能をいくつか考慮する必要があります。それとは別に、ねじ切り機で何をしようとしているのかをしっかり把握しておく必要があります。

以下に、作業を今までよりもずっと迅速に行うために作業現場に導入できる様々なRIDGIDの配管ねじ切り具および配管ねじ切り機を紹介します。

手動ラチェット式ねじ切り機

比較的安価ではありますが、必要なねじ切りが少ない温水タンクまたはガス炉の交換など、要求がそれほど高くない作業には効率的かつ理想的です。軽量で持ち運びやすく、2インチまでの配管に対応できるものが欲しい場合におすすめです。また、必要なサイズのダイヘッドを用いて、配管にねじを切るためにも設計されています。それに応じてねじ山のサイズが大きくなるので、かなりの力を要します。他のねじ切り工具とは異なり、パイプカッタ、リーマー、万力、ドロップヘッド、オイル注し、バケツ、ネジ切り用オイルなどの付属品が必要です。 それでも、確実に長く接続させることができる質の高いねじ切りをお約束します。

ハンディ型パワードライブ

プラントの保守およびサービス事業での少量の用途には、ハンディ型パワードライブが適しています。手動ラチェット式ねじ切り機と同じドロップヘッドダイを使用していますが、パワードライブが配管の周りでダイヘッドを回転させているという点が異なり、より素早く、より少ない力で済みます。また、手動ねじ切り機よりも携帯性は劣りますが、配管および管路にねじを切るためにも設計されています。また、かなりのトルクも作り出します(これは、1インチを超える配管の用途に最適な反動アームを使用すれば、反作用で弱められます)。このパワードライブを補完する付属品には、パイプカッタ、リーマー、万力、オイル注し、バケット、ドロップヘッドダイヘッド、反動アーム、ねじ切りオイルが含まれます。