Explore Emerson
国の選択
  • {{country.Text}}
言語の選択

TruSense技術を使った、RIDGID系列への力強い参加者

6月 1, 2020

改良された RIDGID® SeeSnake® カメラに TruSense™ 技術を足し、力強い配管データ診断方法を取り入れたうえで、RIDGIDはSeeSnake Compact C40と、M40 という二つの小型カメラリールを追加しました。

それぞれTruSense技術を活用し、今までにないような配管内視点を提供しながら使用者の体への負担を最小限に抑えます。どういう仕組み化というと、カメラの頭と、Wi-Fi付きのRIDGID CSxシリーズのモニターの間に、二方向データリンクを作ります。

ハイ・ダイナミック・レンジ(HDR)の映像感知器を使用し、見やすさ、画質はそのままで、より多くの明暗度の差を一度に表示することができます。更に、Tiltsense™ 傾斜計を使用し、カメラの角度に関する情報や、配管内のカメラの傾斜などの役立つ情報を表示することができます。

C40とM40は、新型のCS6xVersaデジタルレポート作成モニターと、その簡易脱着ドッキングシステムとの使用にうまく合ってます。カメラリールは、両方25㎜の自動標準化するカメラ頭部と、40メートルのプッシュケーブルを持ち合わせています。頑丈な金属のフレームは、力強い基盤を与え、同時にケーブルを押し、取り戻すときの移動を容易にします。C40のプッシュケーブルは、小さく、狭く、曲がり角が多い配管での使用をお勧めします。比べて、M40のやや硬めのケーブルは、主管、枝管などの長い場所に向いてます。

作業場での効率とスピードを上げるよう設計された小型で軽めのデザインを持った新しいSeeSnake CompactC40と M40カメラリールは、現場での問題識別・解決によく向いた製品です。

さらに、このカメラリールにはRIDGIDの一生保証もついてきます。

SeeSnake Compact C40と M40に関してもっと詳しく知りたい場合は、 www.ridgid.com/ph/en/reels-and-camerasでご覧いただけます。